2010年02月07日

小沢氏進退「本人が判断」=鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は1日夕、民主党の小沢一郎幹事長が東京地検特捜部の2度目の聴取を受けたことについて「中身を把握していない。捜査を冷静に見極めることが大事だ」と述べた。その上で、小沢氏の進退については「本人が判断されることだと思う」と語った。首相官邸で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜ゼネコン側、妨害恐れ献金〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜

子ども手当の「困難」発言、野田副大臣陳謝(読売新聞)
<小沢幹事長>再聴取受ける 立件なら辞任示唆(毎日新聞)
核「密約」検証作業、米側に内容正式報告(読売新聞)
羽田離陸直後に左エンジンから出火、緊急着陸(読売新聞)
宇宙産業で合同ミッション=アフリカに初の売り込み(時事通信)
posted by ムカイヤマ ヤスオ at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。